2009年07月25日

フィレンツェからオルヴィエートへ

イタリア3日目。いよいよフィレンツェともお別れだ。
ホテルからサンタ・マリア・ノヴェッラ駅へ歩いて移動する途中、
フィレンツェらしい文房具屋さんに入る。
saleの文字につられて、紙フェチの血が騒いでしまい、つい長居して
メモ帳を選んでしまった。電車に乗るまで、あせるあせる(汗)

DSCN1207.JPG

今日は、ローカル線で、あこがれのオルヴィエート Orvietへ移動する。
オルヴィエートは、すでに日本の女性の間でも人気の田舎町。
ローマからも、フィレンツェからも2時間以内で移動できるので、
半日ツアーなどで多くの旅行者が訪れているところだ。

なぜ人気なのかというと、まず地形が独特なこと。
山の上に、城壁に囲まれた町並みが広がっているのだ。
ジブリ映画の「天空の城ラピュタ」を思い描いてもらえるとわかりやすい。
これは火山岩の台地で、大昔の河川の浸食によって自然に出来上がったものらしい。

以前、初めてイタリアへ旅行したときにバスで移動していると、突如として山の上に町が広がっている不思議な光景を何か所も見た。
何も山の上に町を作らんでも。。と思ったけど、そこにいかにもイタリアらしいロマンを感じた。
「いつかあそこにいってみたい」とずっと夢見ていた。
今回、そんな山の上の町オルヴィエートへ行くことができて、夢がかなってうれしい。

オルヴィエートは今回の旅行のトピックスのひとつ。
どこか一か所、自力で、変わったところに行ってみたかったのだ。
ローマかフィレンツェからの、日帰りでも観光できるぐらいの町けど、なぜ一泊しようと思ったか。
それは、こちらの
「アーモ・イタリア」のオルヴィエートのページ
に、
「オルヴィエートに日帰りで来た人は、オルヴィエートに泊って、ここからローマやフィレンツェに日帰り旅行すればよかった、と言う人が多い」
と書いてあったから。
それは、オルヴィエートが、ローマみたいに騒がしくなくて、夜も物騒じゃなく、食事をしてからの夜の散策もできて、
のんびりできるからだと書いてある。

それ、いい!夜の散策、すごくいい!
オルヴィエートに泊るのだ!と固く心に誓った。

フィレンツェ中央駅の券売機でク、レジットカードで切符を購入し、
ローカル線で、フィレンツェから2時間ぐらいかけてオルヴィエート駅に着いた。
駅についても、何にもない。ここから、城壁のある旧市街地までケーブルカー(フニコラーレ)で登るのだ。
なぜだかオットが怒っている。
「なんにもないじゃん!なにこれ。ここに何があるっていうのさ」
別に気にもせず、私はフニコラーレの場所を探すため、その辺に座っていたおばさんたちに尋ねた。が、英語は全く通じず。
でもお互い一生懸命伝えようと必死。
結局、フニコラーレと反対側の出口に出てしまっていた。

ようやくフニコラーレに乗れて、あっという間に上まで着く。
フニコラーレの切符1枚(1.2ユーロ)でバスにも乗れるので捨てないようにしないとね。
上駅のカーエン広場からはバスに乗り、10分ほどでドゥオモ広場へ到着。
ここまで来ると、ようやくオットもなぜここへ連れて来られたのか納得したみたいだ。
当然だよね。思いスーツケースをひきずらせてんだもんね。ありがたいことだわ。

バスから降りたら、そこにそびえたつ巨大なドゥオモに圧倒された。

DSC01021.JPG

DSCN1209.JPG

とにかく圧倒的に、大きくて美しい!
正直言って、フィレンツェのドゥオモを見たときよりも感動した。
あまりの美しさと思わず涙が出た。
何枚写真を撮っても飽きない。ずっとそのそばにいたいと思える。

DSCN1214.JPG

DSCN1215.JPG


DSCN1229.JPG

DSCN1232.JPG

DSCN1234.JPG

オルヴィエートのドゥオモは、13世紀末に建築が進められ、16世紀に完成したロマネスク・ゴシック様式の傑作だ。
壁面の細工や装飾、彫刻のひとつひとつが繊細で素晴らしい。

このドゥオモを見るためにだけでも、オルヴィエートに来る価値があると思う。
町全体が、昼も夜もこのドゥオモが見守っていて、犯罪など起こす気になれないのではないかとさえ感じる。

ドゥウモの中へは、無料で入館できる。
私たちが行ったときは、礼拝堂の椅子に人がたくさんあつまっていた。
何が始まるのかなと思ったら、なんと地元の男性、女性20人ぐらいの
混声合唱が始まったのだ。
ドゥウモ(教会)の中で、イタリア語の讃美歌を生で聞けるなんて
高い天井に共鳴して響くので、これ以上ないほどの音響だ。
まさかのグッド・タイミング。
それはそれは、きれいで荘厳な風景だった。

DSCN1237.JPG

ずっと聖歌隊の歌を聴いていたので、
ドゥオモの礼拝堂の壁面にある

トスカーナ出身の芸術家ルカ・シニョレッリによるフレスコ画「最後の審判」と、天井につながる部分のフラ・アンジェリコ作のキリスト像を近くで細部まできちんと確認することができなかった。写真には全体像が映っている。

DSCN1235.JPG

あとでちょっと後悔したけど、全部を制覇することはムリ。
旅は、「見なきゃ、行かなきゃ」とがんばりすぎても楽しくないのよね。きっと。


posted by モモ at 16:44| Comment(0) | オルヴィエート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア情報のサイト一覧

ネットの情報はとても便利。特にクチコミ情報は参考になります。
でも日付の古い情報は、価格など変更になってる場合が多いので注意が必要だ。


参考にしたサイト

・イタリア国営鉄道「トレニタリア」のホームページ(英語)
→移動時間、料金、時刻表がすぐわかる。クレジットカードで購入もできる。

・旅行のクチコミサイト フォートラベル
→最新情報が多く便利。経験豊富なトラベラーたちのクチコミが満載。

・All Aboutイタリア
→イタリア通ガイドによる丁寧な案内。少し情報が古いのが難点。

・アーモ・イタリア旅行案内
→内容が濃くて、観光場所、レストランなど、とても参考になった。

・ゼロ・デルタネット イタリアトラベルガイド
→どこの都市に行こうかと考えるときの参考に。

・ローマへ行こう!
→観光場所を考えるとにの参考に。


posted by モモ at 16:19| Comment(0) | 役に立った情報サイト一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

海外では、現金、カード、T/C、それと?・・・キャッシング!

イタリアへ旅行に行くにあたって、
お金をどれくらい持っていくかと、
日本円がいいのか、トラベラーズチケットが良いのか、
迷ってた。
もちろんクレジットカードが使えるところでは、できるだけ使うのがオキテだ。

今、イタリアから帰ってきて、結論として思うのは、

「現金をたくさん持っていくよりも、クレジットカードでキャッシングしたほうがよい」
ということ。

ええ〜?マジで?キャッシング?
ヤダー。と思うでしょ?


私も最初は、キャッシングなんてしたことなかったから、抵抗はあった。

長くなるけど、なぜそう思うのかを順を追って話したい。(そんな大した話でもないけどね)

最初私は、現金を少しと円建てのトラベラーズチケットを多めに持って行き、
現地でユーロに換金すればよいと思ってた。
イタリアは、スリが多いらしいし、もし取られても、T/Cなら
再発行が可能らしいので。

でもT/Cを換金するにも、別に手数料が必要と言ってくる窓口もあるし、再発行といってもすぐできるわけではない。
なんだかめんどうくさくなってきた。

ゆうちょへ問い合わせると、T/Cは20,000円パックでしか
販売してないとか言うし、
オットはT/Cは好きじゃないといってるし、今回はT/Cはやめにした。

出発前は、ホテルの支払いはクレジットカードでできると
思い込んでた。(実は、支払いは現金のみだった!)
レストランもクレジットカードで支払うし、
現地で必要な現金は、飲み物とかバス代ぐらいだから、と
あまりたくさんの現金はいらないかもと多くは持っていかなかった。

福岡空港で100ユーロを作ったら、14200円かかった。
レートは137円で、手数料は3.5%だった。


イタリアで、ホテルの支払いが、現金のみという事態になって、
とたんに私たちの経済状況が悪化!フィレンツェのホテルは、拝み倒してなんとかカードでの支払いができたから良かったが、
オルヴィエートのホテルは、
「絶対、現金でしか、だめだ」と言われた。きゃー。

今持ってる日本円をほとんどユーロに替えて、ホテル代を支払えば、
残りはあと少ししかなくなる。
オルヴィエートの銀行で、20,000円をユーロに換金したら、135ユーロ作れた。
レートが137,83円で、なんと10ユーロの手数料でとられた。
約7%の手数料。高すぎ。

ナポリでのバール代もケチらないといけないし、
カプリ島にもいけない。

イタリアで夫婦で金欠という残念なことになってしまった。

お金がない。残る手立ては・・・
キャシング〜♪(コラ)
二人の頭の中には、キャッシングの文字が浮かんではいたが、オットも日本でヤッタことがなく、
ただ金利が年利18%もかかるのだということしか知らなかった。

でもお金がなくなったのは、ホテル代が現金で支払うことになったからだし、それは私のせい。
私は、ナポリのカプリ島行きのフェリーが出る港で、
「いいよ、カプリ島行けなくても。私のせいだし・・・」とけなげに言ってみた。

でもさすがオット。
やっと、いや、わたしのために
「キャ、キャッシングしよ。人生初のキャッシングだけど」と言ってくれたのだ。
やったー♪♪ありがとー♪

キャッシュ、キャッシュ、おとなキャッシュ♪♪


すぐさま近くのバンク・オブ・ナポリに行った。
マスターカードでATMでキャッシングしようと思うが、
ATMでの使い方よくわからない。
銀行の品のよいお兄さんが、ていねいに教えてくれた。

結局、後日クレジットの請求書を見てみたら、金利はやはり年利18%。
70ユーロのキャシングで、レートは1ユーロ137円。
9,859円かかって、金利手数料は2.53%だったのだ。

なんと、比較的換金レートが良いと言われる国内、福岡空港で換金する(3.5%)よりも、手数料が安かったということになる
これは使える。

海外でキャッシングすると、ATM機械からいきなりその国のお金が出てくる。(あたりまえだけど)
だから、換金の手数料がいらなくて、キャッシング金利だけがつくことになる
それは日本でキャッシングするときと同じだ。

日本円をユーロに換金する手数料が、キャッシングの金利を上回るから、結果的にキャッシングのほうがおトクってことだ。
しかも、必要なときに、近くの銀行で引き出せるから、大金を持ち歩かなくて済むしね。
ただ気をつけなければいけないのが、人によりキャッシングの限度額が違うから、事前に調べていったほうがよいと思う。
私の、あまり使ってないVISAカードなんか、1ユーロだってキャッシングできなかった。くやしー。

で、ユーロにあまりたくさん換金しすぎちゃうと、あまったときがまた困る。
それを日本円に替えると、そこでまた手数料がかかってしまい、
これほどムダなことはない。
オットはそれだけはすまいと固く心に決めていた。

イタリアで、お金がなくて路頭に迷う心配がなくなり、
私はまたイタリアで、はじけることができたのだった!(嬉)
ありがとう、オットよ!



教訓:海外でのキャッシングは便利。事前に金利手数料、限度額などを調べておいて、現地の換金手数料の情報もつかんでおいて、上手に利用すべきだ。



posted by モモ at 22:19| Comment(2) | お金の準備をどうする? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。